短期間で集中できる学習環境が得られる

言語

フィリピンにある島の一つであるセブ島は、留学先として高い人気を誇っています。その理由は、リーズナブルな料金で語学留学を実現できる点にあります。なぜ料金が安いのかと言うと、セブ島は一般に日本よりも物価が安いからです。そのため学校への入学費用や現地での滞在費も割安に抑えることが可能で、優れたコストパフォーマンスを実現しています。利用するにあたっては、現地で語学を教えてくれる学校を選び入学する必要があります。ただしどの学校でも語学留学を受け付けているというわけではありません。学校の数も多いため、自分で探すとなると大変です。そこでセブ島へ留学する場合には、サポートしてくれる会社を利用するのが一般的です。勉強の目的や滞在期間などを伝えるだけで、最適な学校を手配してくれます。航空券や保険といった事前準備もしてくれるほか、現地でのトラブルも解決してくれるなど頼りになる存在です。

料金の安さに加えて現地の環境も魅力

男女

費用の安さが魅力のセブ島留学ですが、実際に利用した場合どれぐらいのお金が必要になるのでしょうか。学校に入学するのですから、まず入学金がかかります。これは学校によって異なるものの、1万円から15000円程度と考えておくと良いでしょう。そして現地で授業を受けるための授業費用がかかります。こちらは7万円から8万円程度がおおよその相場と考えてください。上記の料金は、短期間での習得を目指す社会人向けのプランとなっています。学生のように夏休みで十分な長期休暇が取れる場合には、一か月程度の留学がおすすめです。この場合入学金は変わらないものの、授業にかかる費用は15万円から20万円程度となります。4週間という長期間にもかかわらず、かなり割安な料金で利用できるのがわかるのではないでしょうか。加えて現地への航空券や、食費などがかかることになります。セブ島の場合物価が非常に安く、カフェやレストランを活用すれば美味しい食事を選んでも費用はそれほどかかりません。こうした現地での過ごしやすさは他の国と比べてセブ島が高く評価される点の一つです。実際に現地で語学留学を体験した人の話を聞くと、集中して勉強できる点が良いと判断されているようです。というのも授業は朝から晩まで行われ、ネイティブスピーカーによる講師がつきっきりで指導してくれます。日本でもあまり体験できない贅沢な授業スタイルは、短期間で使える英語を身につけたいと考える人にとって最適な学習環境です。

広告募集中